勤務シフト表作成ソフトウエア【ワークナビ】の導入メリットの紹介 by ヒューネットジャパン
適正人員配置システム ヒューネットジャパンTOP
ワークナビはヒューネットジャパンの登録商標です。 -毎月のシフト作成に多くの時間を取られていませんか-
  勤務シフト表自動作成作成ソフトウエア「ワークナビ」は、勤務シフト表作成にあたって様々なソリューションを
  提供し、多くのメリットを得ることが出来ます。
  第一の導入メリットは無駄時間の排除と間接コストの低減です。
ヒューネットジャパンTOPへ

勤務表・シフト表・ローテーション表など、様々な呼ばれ方をする事前人員配置ですが、これらを実現するシフト表を、コンピュータやモバイルを活用し、作成にかかる作業効率を大幅に削減するというメリットは単純な時間削減にとどまらず、マネジメント的な側面も含め多くのメリットがあります。以下にそれをご紹介します。




TOPIC

看護師の勤務表を考える

三交代の勤務表を考える

日別要人員配置を考える

コールセンターの勤務を考える

勤務シフト表の作成手順

アルバイトのシフト管理を考える

交替制勤務における連続夜勤について



 ①シフト作成に掛かる時間を大幅に軽減するというメリット

勤務シフト作成、これ自体は利益を生む作業ではありません。しかし、従事者をある一定の時間帯に必要人数を配置しなければならない。そこには、人の感情もあり、休みの希望や連休の配置など人員が多くなればなるほど、その作業は複雑さを極める。パターンによる配置を行っても、休みが不定期に入ることで均一化が中々図れない。などなど、色々な事を考えながらシフト(勤務表)表を作成する。この時間を金額にし、年間トータルすると結構な額になる。併せて、シフトを作成する人間のモラルにも影響を与える。
勤務シフト作成ソフトウエア『ワークナビ』は、このような、時間を大幅に軽減するソフトウエアです。これが第一の導入メリットです。また、副次的なメリットとして、従事者の意識変革があります。このメリットは本来機械の導入がもたらすものではありませんが、テレビがくる事で家庭が明るくなるのと同様で、作業が楽になるというメリットがそれ以外のメンタル的なメリットも生み出すという事実が存在します。

 ②人員配置の適正化でコストの削減が可能になるというメリット

人員の適正配置が難しいために、やたらを余裕を持たせた配置をしてしまう。結果、遊んでいる社員が出たり、配置が適正でなかったために、作業効率がおちたりと、必要なのはよくわかるが、実際の作業となるとどうしても後手後手で効率よりも配置優先になりがちである。勤務シフト表作成ソフトウエア『ワークナビ』はこのような問題を解決すべく、様々な工夫をほどこしています。時間単位で人件費の管理が出来たり、部門別や職位別に売上や生産との対比でグラフを作成し、一目で状況が把握できるようにしたりと、未然に種々の管理を実現し、正に、人件費というコストの削減を可能にするメリットが存在します。
実際、これにより、月額で百万円単位で人件費の削減が実現できたという報告も受けております。
人員配置の適正化は企業にとっての人のコストを効率的に使えるという根幹部分をつかさどるメリットがあります。

 ③勤怠管理との連結で労働状況管理の実現できるというメリット

予定がどのように遂行されたかの実績管理を行うことで、勤務状況の管理が行える。更に、別途勤務シフト作成ソフトウエア『ワークナビ』の関連ソフトウエアである、勤怠管理システム「タイムナビ」を使用すれば、実績管理もメンテナンスで給与計算や各種労働管理帳票の出力が可能となり労務コストに関するPDCAを実現できるというダブルのメリットを実現できます。