見込み入力

見込み合計入力

翌日の商品毎の配送見込みの数量を各配送員が入力します。入力のカテゴリーは、見込み、予備、サービスとなります。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

見込み詳細入力

配送見込みの数量を合計ではなく、お客様毎に過去の実績等から推察し、入力することもできます。詳細入力がそれです。各配送員が入力します。入力のカテゴリーは、見込み、予備、サービスとなります。
詳細入力後、記録ボタンを押すことで上記の合計に集計されて表示されます。
これにより、見込みの正答率が高まり、余分な数量の生産が抑制され、原価の効率的な運用が可能になります。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

当日変更持出確認

当日になって、持出に変更等が出た場合は、こちらから調整という項目に入力することで、当日の持ち出しが確定されます。
当日の持ち出しの確定は、その後のWEb配送表で、持ち出し・受注・差額・配達情報・配達残情報の表示に用いられ、配送員が商品の現状をより、詳しく把握することが可能になり、配送に関する意識の向上に役立ちます。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

製作見込み表作成

各々の配送員が入力した情報が集計され一覧で表示されます。これにより、翌日の生産予定が立てられ、原価管理をはじめとする無駄なコスト削減に役立ちます。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

積込表印刷

各配送員が当日の積込リストが出力されます。配送員はこれを出力し、積込時のチェックが可能になり、混雑する朝の時間を効率よい運営が可能となります。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓



見込みの入力は弁当店の最初のスキームであり、ここがしっかりしていると、その後の運営が効率よく進められます。
また、WEB配送表を利用することにより、ペーパレス化が図られ、作業の大幅な軽減に役立ちます。